ドラリオン 場所

ドラリオン 座る場所はどの辺?

シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」のいいチケットを予約しようと思っているのですが、ドラリオンの座席表を見てみると、SS席、S席、A席の順にステージを取り囲むように客席が配置されていますよね。

でも、座る場所によって見え方がガラリと変わるため、座席表を確認し、正面を狙ってチケットを取ったにもかかわらず、ぜんぜん正面からずれていた・・・なんてトラブルが多く起こっているとの事なんですよね。

正面の最前列はオークションで5万円以上の値段がつくプレミアム席なんですって。買ったものの、正面ではなかったとか、よく見えなかったなんていうクレームが意外と多いのだそう。それが事前にわかっていればそんな大金を出して買わないですよね〜。

良く確認して、きちんと場所を確認してから買おうと思っています。

でもそんなことをしている間に良い席がどんどんなくなって後ろの方しかない・・・なんていうことにならないようにしなくちゃ!A席だと、5500円、SS席だとほぼ倍の11500円です。同じような見え方だったら怒っちゃいますよね(笑)

ドラリオン 場所

ドラリオン公演が開かれる場所の名産は?

ドラリオン日本公演が開かれる場所は大きな都市ばかりですが、その場所ごとにいろいろな名産品もあって、ドラリオン開催場所巡りも楽しそうですね。

北から順番に行くと、杜の都仙台には「笹かまぼこ」や「牛タン」「ずんだ餅」などの旨いものがたくさんあります。

特に牛タンは、身が厚いのにジューシーで柔らかく食べやすくて、たくさんの名店がありますが、どこで食べても満足のいくおいしさです。
目の前で焼いてくれてご飯やスープもついてくる牛タン定食が定番ですね。

東京の名産はと言われると、意外にパッと出てきませんが、昔なら雷おこしに草加せんべい(厳密には埼玉?)、そして浅草海苔でしょうか。
今東京駅などで人気のお菓子は「東京ばな奈」や「ごまたまご」「舟和の芋ようかん」だそうです。

名古屋なら定番は「ういろう」に「味噌煮込みうどん」「坂角の海老煎餅」あたりがお土産で喜ばれます。その場所で食べるなら「うなぎのひつまぶし」が超おすすめです。

大阪は食い倒れの街なので、食べ歩きをオススメします。

福岡もグルメにはおすすめの場所のひとつで、辛子明太子やラーメン、もつ鍋などたくさんありますね。私は博多へ行くといつも屋台の多く出る場所に行きますが、知らない人同士が仲良くなれて楽しい場所です。


1日1回お願いします・・・→人気ブログランキングへ




★楽天でチケットを探す★


ドラリオン 場所

ドラリオン 待ち合わせ場所

ドラリオンを観にいくときに、渋谷にいい待ち合わせ場所を見つけました♪ドラリオンの会場のすぐ近く、渋谷区役所の前の交差点付近にある「時計台」です。時間になると一緒に時計塔の下にある噴水も音にあわせて一緒に動き、豪華な演出に思わず目が止まりました!

下にある説明看板を読むと、毎日10:00、12:00、13:00、15:00、18:00に演奏を行っていて、さらには季節によって演奏曲目が変わるんだって!

渋谷での待ち合わせといえば、昔は「ハチ公」だったし、パルコ前とか、109前とか、よく使われるけれど、これからはココだわ!!って思いました。待ち合わせ場所ってとても大事ですよね。

人が多すぎると探すのが大変だし、お店だとなんだか一人じゃつまらないし、変な場所だと人の邪魔になったり、人に見られたり、色々ありますよね。渋谷区役所の近くなので、原宿や表参道までも歩けるし、代々木久遠も近いです!待ち合わせ時間を演奏時間にあわせて、時計のかなでるパフォーマンスも見ることができれば待ち時間も楽しいですよね♪

ドラリオン ブログ

ドラリオンの制作スタッフブログ

ドラリオンの公式サイトには、ブログコンテンツへのリンクがいくつもありますが、「ビッグトップ制作記」という現場で働くスタッフ日記もなかなか面白いですね。

今回のドラリオン日本公演は東京をはじめ、大阪・仙台・名古屋・福岡で開催されますが、その会場はその都度設営する大テント「ビッグトップ」なのです。

このビッグトップという大テントは、テントと言っても大変頑丈な建物で、特に日本は地震や台風が多いという理由もあり、そんな自然災害にもビクともしないということが、このブログにも書いてありましたが、ただ単に設置しているのではなく、鉄骨の基礎から作り上げているんですね。

そして会場毎に組み上げていくので、その会場での公演が終了すると、すぐに解体作業へ入り、あっという間に片付けて次の会場へと移動するそうです。

このドラリオンブログによれば、大阪公演の2週間後には名古屋公演だったので、撤去から設営まで時間が非常に少なかったのですが、ステージの設営などはたったの2日間でできちゃうくらい、設営スタッフのスキルは高いとのこと。

裏方さんがいなければドラリオンも成り立たないですよね。

コラム

シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京

【シルク・ドゥ・ソレイユ紀行】(2)夢の世界の舞台裏

世界各地で人気を集めるシルク・ドゥ・ソレイユ。10月1日には、千葉・舞浜のディズニーリゾートに日本初の常設劇場「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」をオープンする。世界にふたつとない独創的な舞台はどうやって生まれるのだろうか? ラスベガスのバックステージや、国際本部のアトリエなど、夢の世界の舞台裏を訪ねた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/stage/142627/

ぜひ、見に行きたい。

コラム

相互リンク募集中です。

相互リンクしていただいている皆さんです。

是非、遊びに行って下さいね。



ドラリオン ブログ

ドラリオンのトリビアブログ

ドラリオンに関係するブログがいろいろありますが、公式サイトにある「ドラリオン的トリビア」というコンテンツもブログのひとつです。
正確に言うと、ドラリオンに関する最新情報などはブログのシステムを使って公式サイトからリンクしています。

ドラリオン的トリビアは、そのブログのカテゴリーのひとつというわけです。

このドラリオントリビア紹介ブログを読むと、確かにトリビア的な知識が身に付きますね。

例えば、ドラリオンの舞台の床には小さな穴があってドアがついており、床から突然パフォーマーが出てくるように見えるのは、実はこの穴から出てくるということとか、空間が狭いのでそこまで行くためにスケートボードに腹ばいになっているとか・・・。

逆に天井にはキャットウォークという細い通路があって、観客に気付かれないようにパフォーマーはその通路を通っているそうです。
このキャットウォークによって、まるで天井から人が湧いて出てくるように見えるのです。

また、会場になる大テントの張り方は開催する国によってそれぞれ違っていて、日本は台風とか地震が多いので建築基準が厳しく、建て込みにはヨーロッパ用テントの2倍の日数がかかるそうです。

こんなトリビアをドラリオンのブログで少しずつ紹介されると、ますます行きたくなっちゃいますよね。


1日1回お願いします・・・→人気ブログランキングへ




★楽天でチケットを探す★



ドラリオン ブログ

ドラリオンカフェをブログから発見!

フジテレビイベント周辺ブログ「デイリーニュース」のなかに、期間限定の「ドラリオンカフェ」っっていうのを発見!

「店内はシルク・ドゥ・ソレイユの世界観を取り入れたカラフルな装飾。展示の衣装は、すべて実際のステージで使用されている本物です。こんな間近で見る機会はないと思うので感動しますよ〜」とのことでした。聞くからに、みるからに楽しそうですね〜♪でもどんなものが食べられるんでしょうか〜一応、カフェですものね!!


「一押しメニューは、デザートアイス“ローズハーモニー(700円)”だそうです。ブルガリアのバラの花びらが使われていて、お口の中でふんわりローズの香りが広がります。ピリッとソルトのアクセントも効いていておいしそう〜!このピンク色の丸い部分はモナカです。東洋と西洋の融合という、ドラリオンの世界観を表しているわけですね。トッピングのマシュマロは、外側の焦げ目がサクッと香ばしくて、中はとろふわで・・・」

「ドラリオンカフェ」は期間限定なのですでにおしまいになっていると思いますが、面白い企画ですよね!!

大阪だけでなく、日本各地、ドラリオンを開催する開催地ではぜひこのような面白い企画、やって欲しいなぁ〜♪

1日1回お願いします・・・→人気ブログランキングへ


★楽天でチケットを探す★


ドラリオン 感想

ドラリオン 荒川静香さんの感想・・・

シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」を観てスケーターの荒川静香さんが感想を述べていました。荒川静香さんといえば「イナバウワー」で有名なプロスケーターですが、「美」を追求するパフォーマーとしては通じるものがきっとおありのはずですよね!コメントは興味深いものがありましたのでご紹介します。

『本当に凄かったです!ビックリしました!
息つく暇もなかたですし、瞬きするのも忘れるぐらい、目が乾いちゃうくらいもう見入っちゃって、でもところどころ面白かったりして、見所満載っていうか、見所しかないっていうか、あっという間でしたね。終わるまで。

やはりあれだけ高い技術、命までかかっている演目がほとんどなんですけどもそういった高い技術も伝わってきますし、エンターテイメント性、アーティスティックな部分も素晴しかったりして、本当にそういった一つ一つがプロなんだなっていうところを感じるので、そこはそこで見習うところがあって高い技術を維持していくことって大事なんだなって思いました。』とプロスケーターらしコメントですよね!

芸術的にも、すばらしいものをたくさん見てきているだろう荒川さんが、ここまで賞賛するのですから、やはりドラリオンは本当にすばらしいものだということがまた証明されましたね!

ドラリオン 感想

ドラリオン サポーター黒田知永子さんの感想・・・

シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」のサポーターに就任した、黒田知永子さんが、サポーター就任に伴い「ドラリオン フランクフルト公演」を見に行き、そのときの感想を話してくれました。

「パフォーマンスの凄さ、音楽、衣装、ステージ演出すべてが一体となって本当に違う世界に迷い込んでしまった感覚を受けました。」とドラリオンを観て衝撃を受けたという話をしてくれた黒田知永子さんでした。日本でのドラリオンを観た感想も、紹介されていました。
『本当に飽きずに面白かったです。

笑いもあるし、感動もあるし、あとちょっとロマンティックだったり、すごい身体能力っていうのも感じるし、あそこの席に座ったときからショーが始まっていて本当に飽きさせない、うまく出来てるなって思いました。』

年齢に関係なく、楽しめる空間だったというお話でした!
観客の一体感って、映画など観ていてもありますよね!、思わず声を上げてしまう瞬間だったり、大笑いしてしまうような瞬間だったり・・・。

そういう一体感がすばらしいのもドラリオンの特徴じゃないでしょうか!

<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。